生存権、パーソナリティ、成年期、青年期、性別同一性障害、脊髄小脳変性症...

生存権とはどのようなものですか?

生存権というのは、
国民の基本的権利として憲法で規定されているものです。

 

具体的には、次のように規定されています。

 

「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を
 営む権利を有する」(25条第1項)

 

「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障
 及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」(25条第2条)

パーソナリティとはどのようなものですか?

パーソナリティというのは、
個性、人格、人柄、性格、性質などの意味をもっています。

 

なお、ケースワークの世界では、
全体の人間像を指す「人格」
を意味して用いることが多いです。

成年期とはどのようなものですか?

成年期というのは、
法律的には20歳以上を意味しますが、

 

心理学的あるいは社会学的には、
高齢者はこれと区別して論じることが多いです。

青年期とはどのようなものですか?

青年期というのは、
一般的には児童から成人への過渡にある時期を指します。

 

ちなみに、近年は、
前成人期としてのこの時期が
延長傾向にあるとされていて、
30歳までを青年期とする見方もあります。

 

スポンサーリンク

性別同一性障害とはどのようなものですか?

性別同一性障害というのは、
性意識についての生涯の1つです。

 

自己の性に対する持続的な不快感・嫌悪感と
不適切であるという感覚をもち、
異性への性転換願望を強くもちます。

性別同一性障害の発症原因は?

性別同一性障害の発症原因についての
定説というのはありませんが、

 

胎児期のホルモンバランス異常によって
身体と脳における性の不一致が起こる
ホルモンシャワー説が有力視されています。

脊髄小脳変性症とはどのようなものですか?

脊髄小脳変性症というのは、
小脳皮質や脊髄の変性に基づく
運動失調を主症状とする神経変性疾患のことをいいます。

 

具体的には、次のような症状が現れます。

 

■体幹の運動失調 
■発語不明瞭 
■眼振...など

脊髄小脳変性症の発病原因は?

脊髄小脳変性症の発病原因については不明なのですが、
遺伝性が認められるものもあります。

 

スポンサーリンク