精神科ナイト・ケア、精神障害、精神障害者地域生活援助事業、精神障害者福祉

精神科ナイト・ケアとはどのようなものですか?@

精神科ナイト・ケアというのは、
精神科リハビリテーションの1つです。

 

具体的には、精神障害者の
社会生活機能の回復を目的として行われる
通院医療の一形態で、

 

午後4時以降の一定時間(4時間程度)、
グループによる治療を行います。

精神科ナイト・ケアとはどのようなものですか?A

なお、
精神科デイ・ケアと同様の医療チーム※によって
プログラムが実施されます。

 

※精神科医師の指導・監督のもとに、看護師、作業療法士、
 精神保健福祉士などからなる医療チームです。

精神障害とはどのようなものですか?

精神障害というのは、
精神機能に異常を来たす状態を総称していいます。

 

また、障害の強さによって区別する立場から、
統合失調症とそれ以外の精神障害に分けることもあり、

 

この場合は
後者を狭義の精神障害と呼びます。

 

スポンサーリンク

精神障害の原因による分類は?

精神障害を原因により分類すると、
次のように3つに分類されます。

 

■内因性精神障害 ⇒ 統合失調症、躁うつ病などです。
■外因性精神障害 ⇒ 外傷やアルコール中毒による精神障害などです。
■心因性精神障害 ⇒ 神経症、心因反応などです。

 

なお、最近は、次の2分類が用いられています。

 

■器質性精神障害 ⇒ 外因性
■機能性精神障害 ⇒ 心因性、内因性

精神障害者小規模作業所とはどのようなものですか?

精神障害者小規模作業所(精神障害者共同作業所)
というのは、

 

精神障害者の社会復帰や自立、社会参加の促進を図るために、
次のような機能をもった法定外施のことをいいます。

 

■労働 
■就労訓練 
■生活訓練 
■憩い...など

 

なお、この精神障害者小規模作業所は、
地域の精神障害者家族会や市民団体などの
任意団体が中心となって運営しています。

 

スポンサーリンク

精神障害者地域生活援助事業とはどのようなものですか?

精神障害者地域生活援助事業(精神障害者グループホーム)
というのは、

 

地域において共同生活を営むことが可能な精神障害者に対して、
共同生活を通して、

 

自立生活の助長や社会復帰の促進を図ることを
目的とする事業のことをいいます。

 

また、この精神障害者地域生活援助事業では、
その住居(グループホーム)に、

 

世話人と呼ばれるスタッフが配置され、
食事の提供などの日常生活上における支援や相談などを行っています。

精神障害者福祉とはどのようなものですか?

精神障害者福祉というのは、
精神障害者に対して、

 

医療や保健との連携を図りながら、
その社会復帰の促進および自立と社会経済活動への
参加促進のために、
福祉の充実を図っていくことをいいます。

 

スポンサーリンク