強迫観念、逆感情転移、強迫性人格障害、業務独占、完全参加と平等、居宅介護サービス計画費...

強迫観念とはどのようなものですか?@

強迫観念というのは、
追い払おうとしても頭から離れない
脅迫的な観念のことをいいます。

 

具体的には、
内容的に不合理だとしても、
その観念を払いのけることができないものです。

強迫観念とはどのようなものですか?A

なお、強迫観念は、
不安障害の1つである強迫性障害において、
脅迫行為と並ぶ症状として認められます。

逆感情転移とはどのようなものですか?

逆感情転移というのは、
社会福祉における相談援助活動の過程において、

 

援助者が相談者に対して、
自己の過去の体験や出来事を移し変えて反応することをいいます。

 

スポンサーリンク

強迫性人格障害とはどのようなものですか?

強迫性人格障害というのは、
人格障害の1つです。

 

具体的には、秩序を極端に重んじ
物事を自分の思い通りにコントロールしないと気がすまず、

 

現実に対応した柔軟な行動や
対人関係づくりが行えないことから、

 

通常の社会生活を営むことができない
精神疾患です。

 

この強迫性人格障害は、
完全を求めるあまり周囲に溶け込めず、
孤立した存在になりやすいです。

業務独占とはどのようなものですか?

業務独占というのは、
国家資格で、

 

資格を取得したものが
その該当する法律で定められた業務を独占することをいいます。

 

具体的には、
医師や弁護士などがこれに該当します。

 

なお、無資格者が
その業務を行ったり名称を使用することは禁止されています。

 

スポンサーリンク

完全参加と平等とはどのようなものですか?

完全参加と平等というのは、
国際障害者年(1981年)のテーマです。

 

この完全参加と平等では、
日常生活だけでなく、
社会活動に障害者の参加が促進され、

 

また、障害者が
社会を構成する一員として過ごすことができる
社会を実現することを目標としています。

居宅介護サービス計画費とはどのようなものですか?

居宅介護サービス計画費というのは、
介護保険における要介護者に対する介護給付の1つです。

 

この居宅介護サービス計画費は、
指定居宅介護事業者から
居宅介護支援※を受けたときに支給されます。

 

なお、介護計画そのものに対して、
本人負担はなく全額が給付対象となります。

 

※ケアプランの策定や事業者の調整等です。

 

スポンサーリンク