カンジダ、浣腸、機関委任事務、クーリングオプ制度、器質性精神障...

カンジダとはどのようなものですか?@

カンジダというのは、
カンジダ・アルビカンスという
真菌により起こる感染症のことをいいます。

 

このカンジダは、
口腔・肺・尿路・髄膜などに
局所的にあるいは全身的に発症します。

カンジダとはどのようなものですか?A

また、起因菌は健常者にも常に存在していますが、
抵抗力の低減などを条件として病原性を発揮します。

 

なお、近年は、
ステロイド・抗生物質の長期投与による
免疫機能の低下によって誘発されるケースが増えています。

浣腸とはどのようなものですか?

浣腸というのは、
肛門から直腸に薬液を注入し、
腸壁に刺激を与えて蠕動を誘発して
排便を促すもののことをいいます。

 

この浣腸は、
便秘による排便の停滞の解消のために行われます。

 

スポンサーリンク

浣腸の注意点は?

浣腸では排便が一気に行われ、
血圧の変動が起こりやすいことから、
高血圧や心臓疾患の患者への使用は注意を要します。

機関委任事務とはどのようなものですか?

機関委任事務というのは、
2000年の地方分権改革以前の観念で、

 

地方分権の流れから政令の規定に基づき、
地方公共団体の首長※、その他の機関を国の機関として
国の事務を委任することができる、この事務のことをいいます。

 

※都道府県知事や市町村長のことです。

クーリングオプ制度とはどのようなものですか?

クーリングオプ制度というのは、
消費者が購入した物品に関して、

 

ある一定期間内であれば消費者側が販売側に対して、
無条件に解約することができる制度のことをいいます。

 

スポンサーリンク

器質性精神障害とはどのようなものですか?

器質性精神障害というのは、
脳の器質性病変により生ずる精神障害のことをいいますが、

 

これは、
外因性精神障害と同義語です。

器質性精神障害の病因は?

器質性精神障害の病院には、
次のようなものがあります。

 

■外傷 
■腫瘍 
■脳血管障害 
■炎症...など

器質性精神障害の病状は?

器質性精神障害の病状は、
急性症状としては意識障害、

 

慢性症状としては
認知症、人格変化、幻覚、妄想などが現れます。

 

スポンサーリンク