幻覚、高齢期就業準備奨励金、高齢社会対策基本法、国際障害者年行動計画、骨粗鬆症...

幻覚とはどのようなものですか?

幻覚というのは、
実在しないものが知覚されたかのように感じることをいいます。

 

また、幻覚は、知覚領域により区分され、
次のように分類されます。

 

■幻視 
■幻聴 
■幻嗅 
■幻味...など

幻覚の原因は?

幻覚の原因疾患としては、次のようなものがあります。

 

■統合失調症 
■脳器質性精神病 
■中毒性精神病...など

高齢期就業準備奨励金とはどのようなものですか?

高齢期就業準備奨励金というのは、
45歳以上65歳未満の中高年齢労働者に、

 

高齢期の就業に備えた準備を行うための
有給休暇(連続10日以上)を設けた事業主に対して行われる
助成金のことをいいます。

高齢社会対策基本法とはどのようなものですか?

高齢社会対策基本法というのは、
高齢化の進展に適切に対処するための施策に関して、
基本理念を定め、

 

国と地方公共団体の責務を明らかにするとともに、
高齢社会対策の基本となる事項を定めた法律です。

 

スポンサーリンク

国際障害者年行動計画とはどのようなものですか?

国際障害者年行動計画というのは、
「障害者に関する世界行動計画」
ともいいますが、

 

これは、国際障害者年の成果をもとに検討され、
1982年に国連総会で採択されたガイドラインのことです。

 

この国際障害者年行動計画では、
世界の障害問題を分析し、
各国でなすべきことや今後解決すべき国際的課題についてまとめています。

 

なお、本計画の実施にあたり、
1983〜1992年を「国連・障害者の十年」と宣言し、
各国で計画的に課題解決に取り組むこととなりました。

骨粗鬆症とはどのようなものですか?

骨粗鬆症というのは、
骨組織の組成は正常で、
骨量の減少した状態のことをいいます。

 

この骨粗鬆症になると、骨がもろくなり、
骨折や変形が起きやすくなります。

 

なお、一般的には
65歳以上で発症する原発性の老人性骨粗鬆症を指します。

骨粗鬆症の原因は?

骨粗鬆症は、高齢化に伴い、
骨吸収が骨形成を上回るために発症すると考えられています。

 

ちなみに、
特に、閉経後の女性に好発します。

骨粗鬆症の予防策は?

骨粗鬆症の予防策としては、次のようなものがあります。

 

■適量のカルシウム摂取
■日光浴によるビタミンDの活性化
■適度な運動による骨形成促進...など

 

スポンサーリンク