経口感染症、頸髄損傷、傾眠、緊急措置入院、結核、血清コレステロール...

経口感染症とはどのようなものですか?

経口感染症というのは、
食物・水などを通じて、
病原体が経口的に体内に侵入し発病するものをいいます。

 

この経口感染症の代表的なものとして、
赤痢・コレラなどの消化器伝染病があります。

頸髄損傷とはどのようなものですか?

頸髄損傷(けいずいそんしょう)というのは、
脊髄損傷の1つです。

 

この頸髄損傷は、
頸部の脊柱を形成している頸椎が、
何らかの事故で損傷を受け、

 

脊髄の圧迫や循環障害を生じたために、
四肢麻痺・呼吸障害および神経因性膀胱などを生じます。

傾眠とはどのようなものですか?

傾眠というのは、
一定時間持続する浅い睡眠状態のことをいい、

 

具体的には、
老人がうとうとする状態などがこれにあたります。

 

また、一般に傾眠は、
睡眠傾向の亢進状態を指す場合もあります。

 

なお、この傾眠の背景には、
意識混濁が存在する場合もあります。

緊急措置入院とはどのようなものですか?

緊急措置入院というのは、
精神保健福祉法に基づき、
自傷他害のおそれのある患者について、

 

緊急を要し、
2名以上の精神保健指定医の診察を受けることができない場合において、

 

精神保健指定医1名の診察結果で、
72時間を限度に措置入院と同様行われる入院のことをいいます。

 

スポンサーリンク

結核とはどのようなものですか?

結核というのは、
結核菌により起こる細菌感染症のことをいいます。

 

また、結核のほとんどが肺結核症ですが、
その他にリンパ節結核、腎・尿路結核、骨・間接結核などを起こします。

 

なお、結核は、
抗結核薬の進歩により少なくはなりましたが、
決して珍しい疾患ではありません。

結核の診断は?

結核は、次のものにより診断します。

 

■ツベルクリン反応 
■喀痰検査 
■レントゲン...など

血清コレステロールとはどのようなものですか?

血清コレステロールというのは、
血清中に溶解しているコレステロールのことをいいます。

 

この血清コレステロールは、
正常値は日本人の成人で
130〜240mg/dlといわれますが、
性差と年齢差が認められます。

高コレステロール血症とはどのようなものですか?

高コレステロール血症というのは、
上記の血清コレステロールが正常値を超えて上昇した場合のことをいい、

 

これは、
動脈硬化症の主要危険因子の1つとされています。

 

スポンサーリンク